読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1回

小説

1

実家へ帰る新幹線の窓から見える景色はいつも同じで、田園風景ばかりが続き、トンネルが多い。窓から外の景色を眺めていると、ふいにトンネルに差し掛かり、視界が暗闇で遮断され、のどかな田園を映し出していた窓には、車内の蛍光灯に照らされた私の顔がうっすらと映し出される。私はぎょっとして、その顔から目を反らし、カバンの中のスマホを探して時間を確認した。

あと30分で目的の駅に到着する。スマホで時間を確認したついでに、メインで使っているSNSアプリを起動すると、何件かメッセージがきている。姉が最寄りの駅まで迎えに行くから到着時間を教えるようにというメッセージと、佐伯さんからのメッセージだ。姉に簡単に到着時間を知らせた後、佐伯さんからのメッセージを開いた。このゴールデンウィークを一緒に過ごせなくて残念だけど、久しぶりの実家だろうから楽しんで、という内容だった。佐伯さんには実家に帰る本当の理由は言っていない。ただ、3年も両親に顔を見せていないから、久しぶりに帰るとだけ伝えてきた。実家に帰るのは3年ぶりだ。両親に会うのも。

私は首都圏の大学に通うために、18歳で東北にある実家を出た。最初の3年は弟がまだ実家にいたし、大学の夏休みと冬休みには必ずこの新幹線に乗って実家に帰っていたけど、その弟も首都圏に進学し、両親だけが住む実家からはどうしても足が遠のいた。帰らなくなって最初のうちは、夏休みと冬休みの前には母が私に電話がかかってきた、帰省するのかどうかを尋ねられていたけど、何度か大学院の研究が忙しいことを理由に断っているうちに、母から直接、電話はかかってこなくなった。その代りに、姉から帰省するかどうか尋ねられた。

目的の駅に到着し、駅のトイレの鏡で身なりを整えてから改札を出た。改札を降りて外に出ると、東北でも5月の午後の日差しが少し暑く感じる。日差しがまぶしくて目を細め、あたりを見回すと、姉の車が車道に横付けされているのが見えた。私は歩きながら目を閉じ深く呼吸をした。そして、運転席に座る姉が見えると微笑んで手を振る。姉も車内から私に向かって手を振っている。姉は妹の私からみても美しい人だ。姉が道を歩いているだけで、その周りの空気は華やぎ、すれ違う男性たちが何度も振り返ることがよくある。

姉の車の助手席のドアを開けて、美しい姉の顔を見る。一瞬、なんていえばいいのかわからず黙ってしまった私に、姉は、おかえり、と言った。私も、ただいま、と言ったけど、その会話には違和感があった。私の家は、ここなのだろうか。私がただいまと言えるのは、私の小さなワンルームマンションの一室に帰ってきたときだけのような気がする。でも、いまはいい、姉に合わせていれば私は実家でも少し落ち着いて過ごせる。

姉は、車内で一通り、私に旅の疲れをねぎらい、大学院での生活を尋ねてくれた。そして、

「サリーは、それにしてもいつも旅行の時の荷物が少ないよね」と言った。姉は、時々、私のことを「さゆり」ではなく幼い頃の愛称である「サリー」と呼ぶ。もちろん、「さゆり」と呼ぶこともあるけど、久しぶりに私に会ってすぐに「サリー」と呼んだということはたぶん姉も少し緊張しているのだろうと思った。二人の緊張した車内の空気を少しでも和ませようとしてくれた姉の気持ちが伝わってきて少し切なくなった。私は少しおどけて、

「お姉ちゃんが荷物多すぎるのよ」と言った。

「だって物っていつ必要になるかわからないし、色々ともっていたいじゃない」と姉は頬を膨らませて少し子供っぽいふくれっ面を作った。

旅行の時の荷物ひとつとっても姉と私は全く違う。姉はいつも大量の荷物と共に帰省したり、旅行先に現れたりする。私は、いつもほとんど何も持たずにでかけるから、姉や母に驚かれる。私は本当にそのとき必要になったら、その場で買えばいいと思うから、普段からあまり物をもたない。家の中も必要最低限のものしか置いていない。以前、そんな私の家に遊びに来た姉は、

「こんなに物が少なくて生活できるの?」と驚いていた。

姉と一緒に旅行に行くと、私が洗面所から出てきてハンカチがないからといって服で手を拭こうとすると、これで拭きなさい、とハンドタオルを渡されたり、あるときは旅行先で紙で指先で切ってしまった私に、絆創膏あるよ、とすぐに大きなカバンから出してくれたりする。姉とは10歳年が離れているけど、私に対するその行動はまるで母親のようだと感じるときがある。36歳になる姉はとても美しく若々しく見えるため26歳の私と2,3歳しか違わないように見えるし、私と10歳年が離れていることを言うと周りは必ず驚いていた。

姉の端正な横顔を見て、ふと、

「お姉ちゃんはいつも綺麗だね」と言った。姉は、

「あら、ありがとね。嬉しいわ」

と言って微笑んでいた。

だけど、私は知っている、姉の美しさは辛く苦しい思い出と共にあることを。だからこそ、私は姉に会うたびに、綺麗だねと姉に言う。

 駅から実家までは車で5分程度で、すぐに実家に着いた。相変わらず、庭にはたくさんの花が咲き乱れている。花が大好きな母は庭に何種類もの花を季節ごとに咲かせ、手入れをしている。私は生物学者の卵らしく植物も動物も昆虫も微生物も好きだけど、母のように花だけが大好きというわけではないし、花の種類もあまり詳しくはない。

母が庭の奥から小走りで私と姉に近づく。母は小柄で身長が165cmを超える姉と私と比べると10cm以上小さい。母は元から小柄で華奢だったけど、久しぶりに会った母はより小さくなっていた。母は、さゆり、よく来てくれたわね、といつも通りの完璧な笑顔で私に言い、庭に咲く花をすべて私に説明している。今年はねチューリップも何種類も植えて、つる性のバラも加えて、色とバランスを考えたの。春に雨が多くて球根が腐りそうになってね、でも、いったん家で乾燥させて発芽させたり、とっても大変だったのよ・・・。母の説明は止まらない。いつものことだ。3年ぶりに帰ってきても、私の顔は最初に一瞥しただけで、あとは自分で咲かせた花の説明に夢中になっている。庭をちょこちょこと歩き回りながら花の説明する母の後ろを私は静かについて歩いて、本当だ、かわいいね、綺麗ね、すごいね、大変だったね、と母が期待している相槌と言葉を後ろから投げかけていた。姉は私よりも3日前に帰省していたから、きっと母の説明は終わっていたのだろう、車から降りた姉は、母と私の姿を横目で見て、先に玄関に入っていった。

 ひとしきり説明が終わると、母は私に先に家に入っているようにと言った。私はお花にお水をあげてからいくからと。私は3年ぶりに両親の家の玄関のドアを開ける。

 

共同研究への期待

研究

f:id:naritas2012:20160405155520j:plain

今日、知り合いの研究者から研究についての相談を受けた。この先、共同研究になりそうかもしれなくて、ワクワク ドキドキ。

 


彼のおこなっている研究は吸血バエであるツェツェバエの研究。このハエの体内にはトリパノソーマ原虫がおり、ハエに吸血された人は吸血と同時に原虫が体内に入り込み「アフリカ睡眠病」を引き起こす。

「アフリカ睡眠病」は病状が進行すると睡眠周期が乱れ朦朧とした状態になり、さらには昏睡して死に至る

 

彼は、このツェツェバエをまずアフリカのガーナのコロニーから譲り受け、ハエに形質転換をほどこし、原虫の抑制につながるような研究をしたいようだ。新しい研究の話をすると自分の中にどんどんとアイデアが湧いてくる。

 

私もツェツェの飼育はしたことがない。ガーナの研究所では牛とヤギを飼育し、その血を1:1で混合しツェツェに与えているようだ。彼自身はガーナでそのまま実験するか、日本に持ち帰って研究するか少し悩んでいた。

 

病原微生物が体内にいる吸血昆虫の輸入は制限がかかるし、申請や手続きもかなり大変なはずだ。


施設のレベルもP3かな・・・。P3施設があるところでしかおこなえないはず。材料調達から飼育、施設までいろいろ前途多難だけど、一緒に研究できたら楽しいだろうな。

 

写真はツェツェバエ。その腹部にはたっぷり吸った血が!

私の恋、そして私の愛

恋愛

私が恋する彼のどこが好きってその屈託ない笑顔と純粋さ、その透明で力強い声、その背中、大きな手、そして一般人である私に自分の考えを伝えるときでも専門用語が躍ってしまうメール。

 

「現認教養を受けた者は後顧の憂いなく任務につけるよう準備し・・・」

 

本当にそんな言葉が頻出するメールを私にしてくる。あなたは、現代の人ではないみたいに感じるときがあるのよ。日本がまだ大日本帝国だったころの軍人がタイムスリップしてきたような錯覚に陥るときさえある。

 

それなのに、ある時は私のことを、「僕のお姫様」と優しく呼ぶ。

なんてずるいのかしら。恋してる男性に「僕のお姫様」なんて呼ばれたら、女性がどれだけ胸が締め付けられるか知っててわざとやってるの?

 

あなたは軽そうにおどけて話す癖があるけど、それは私と同じ道化体質によるものだと私は知ってる。

 

あなたは、その完璧な階級組織で登り詰めるように選抜され、教育された人だから、だからわざと高圧的にならないように、自分の呼び方を「俺」から「僕」にしたと言っていた。それを聞いたとき、私はあなたの優しさとその決意を理解できた気がした。

 

私がどんなにあなたの声を聞きたくても、連絡を取りたくても、私からはほとんどあなたには連絡できない。当然よね、あなたには正室がいるんだから。私は浮気相手。自分から連絡なんてできないし、したところで、正室が良しとするまで私はずっと無視され続ける。

 

だから、連絡は常にあなたから。その連絡を取り逃したら、またいつ連絡が取れるかわからない。だから私はついついあなたからの連絡を気にするようになってしまった。それまでは、ほとんど携帯電話なんて身に着けていなかったのに。

 

これが私の恋する気持ちなんだって思う。

 

 

 

 

 

でも、私は恋してないけど愛を感じる別の人がいる。その人はその卓越した思慮深さと思考力と感性で私を包み込もうとする。

 

私を大好きだと言ってくれるその彼は、彼の言葉一つで、私に自分では認識していない別の顔を持つ私を認識させ、独自の思考を私に与え、快楽に満ちた精神世界に連れて行ってくれる。

 

彼ほど素晴らしく、また、私に影響を与えられる人にはこれまでの人生で出会ったことがない。

 

彼のおかげで私の人生は変わるという自信がある。

 

きっと私は彼から離れられない。彼が私から離れようとしたって、絶対に引き戻してみせる。自分から私の元に戻ってきたくなるように仕向けてやる。なぜなら、私の人生には彼の存在と精神と思考が必要だから。 だから、恋する相手が他にいるのにずるいと言われようが、魔女だと非難されようが私は絶対に彼を手放す気はない、一生。

 

今日も彼とメッセージをやりとりしていて、私は決意を固めることができた。私は小説を書きたいといつも思っていたけど、今のメインの仕事を退職してからゆっくり書こうと思っていた。

 

だけど、それはただの言い訳だった。

 

私は怖かった。自分の才能に向き合うのが、そして小説を書くことで表面化してくる私の心の奥底にあるどろどろとした澱に向き合うのが怖かった。

 

でも、彼の愛があれば私はきっとこの恐怖に向き合うことができる。私が、どんなに憐れだろうと、汚れていても、彼はきっとその強い愛で私を支えることができる。

その愛があるから私は心の澱に立ち向かうことができると信じている。

 

私は彼に恋する前に愛してしまったのかもしれない。

私の両親よりも兄弟よりも親友よりも、現存する生物の中で誰よりも、さらに私自身よりも、私は世界一彼を信頼している。彼の愛を信じている。その信頼と愛が私に「君は戦えるよ」と言ってくれる。

 

そんな人に出会えたなんて本当に奇跡だと思う。これが私の愛だと思う。

正室をもつあなた

恋愛

彼は、最近、よく私にこう言う。

 

「ねぇ、好きだよ」

 

私は、

 

「そう、ありがとう」

 

と言う。彼は、

 

「そんだけ!?」

 

っていうけど、そんだけだよ。

あなたは甘えん坊な暴君ね。

 

自分でも自覚してるじゃない。私に対して我儘にならないように私のことを下の名前で呼ばないって言ってたものね。でもね、私から言わせてもらえば、今だって十分すぎるほどあなたは我儘よ。

 

私があなたのことを好きそうなことを感じて、急に惜しくなったんでしょう。手に入れたくなったのよね。その屈強な体に似つかわしくない幼い男の子のような顔をしたあなたは、胸に秘めたその強い独占欲と征服欲を隠しきれていない。

 

そういう征服欲を私に見せた瞬間、すべてが壊れてしまうことをあなたは知ってる。だから我慢してるのよね。

 

正直、そんなあなたも愛しく感じるときがある。

 

 

「僕が君を守るよ」

 

あなたは嘘偽りのない瞳で私の目をまっすぐ捉えて言った時、とても嬉しくて胸が苦しかった。

 

 

だけど、私はわざとおどけて、

 

「あなたじゃ、ムリムリ」

 

って言ったよね。

 

だけど、本当に嬉しかったんだ。あの時、あなたに守ってほしいと思ったんだよ。だけど、あなたが守るのは私じゃない。私は絶対に二の次になるのを知ってる。

 

あなたといる限り、私はいつも浮気相手、よくても第2夫人。あなたには束縛が強いとっても怖い正室がいるものね。

 

あなたの正室はあなたの心も体も絶対に自由にはさせてくれない。

どんなときだって、あなたは自由に動くことさえできないまるで囚われの身。

あなたの囚われの範囲内は、半径15km圏内ってとこよね。あなたの正室は夜中だろうと休日だろうとあなたを呼び出すこともある。

一時間以内にもし正室の元に戻れなかったら、あなたは正室に愛想をつかされて一方的に離婚させられる。一発アウトってとても怖い正室よね。

 

でも、あなたは15歳の時に正妻にあなたの生涯を捧げることを誓ったでしょう。

どんなときも、正室の囚われの身でいることを誓った。

 

私はやっぱり正室になりたい。わたしを一番に考えて、私がピンチのときはいつだって駆けつけてくれる人のそばにいて、ずっと愛したいんだ。

 

だから、今は無理。わたしたちは友達のままが一番いいんだよ。

 

IL-21がエイズウィルスを抑制

論文

Adoro S. et al., (2015) IL-21 induces antiviral microRNA-29 in CD4 T cells to limit HIV-1 infection. Nature communication 6: 7562.

 

今回の論文は、エイズウィルスを抑制する効果がある因子としてIL-21がどうやら怪しいという論文。

 

IL-21(インターロイキン21):

インターロイキンとはサイトカイン(免疫細胞相互間の伝達物質タンパク)の一種。

IL-21は活性化CD-4 Tcellから分泌され、IL-15と協調的に働きNK細胞を活性化する。IL-21はさらに、T細胞、B細胞、NK細胞の増殖、分化を促進する

 

このIL-21はガン治療でも注目されているタンパクだけど、最近はウィルス感染における抑制因子としても注目が集まっている。

 

この論文では、エイズウィルスに感染前後、どちらにIL-2を添加してもウィルス抑制効果が見られたというもの。

 

手法がまた少し独特で、HLAC (Human lymphoid organ aggregate culture)という手法を使っている。

 

脾臓とリンパ節を取り出して、その組織に直接ウィルス感染をさせて、その後組織の免疫応答がどうなるかを観察している。私も脾臓細胞などを使ってウィルス感染実験をするけど、細胞を一つ一つバラバラにしてから、細胞に刺激を入れてウィルス感染をおこなう。HLACという手法では、細胞をバラバラにせず組織の状態で感染実験をおこなえるため、細胞に無理やり刺激を入れるというステップを挟まない。それによって、より生体内の生の反応を再現することができるのだ。

 

今回は、この手法によってIL-21がmicroRNAのfamily29を増やすことで、エイズウィルスを抑え込み、エイズの進行を抑制することがわかったのだ。このmicroRNAのfamily29は活性化CD4 T-cellが生み出している?くらいのところまでわかっている。

 

IL-21は感染前でも感染後でもエイズウィルスを抑制できることから、母系伝播によるウィルス感染を防いだり、感染後でも発症を抑制するために、患者の投薬にも利用できる。

 

これからもIL-21関係でどんどん論文が出てきそうな予感。

恋心とは何か

恋愛

私には、今、私を愛おしく思い、大切してくれようとしてくださる方がいる。

私もその方が大好きだ。ずっと話していたいたいし、一緒にいろんなことを感じたい。

彼が何をしているか気になるし、何を考えているかも気になる。彼は私の心にいつも寄り添い、笑わせて、私の心をいつも楽しくしてくれる。彼との毎日のやり取りをするようになって私は日常が本当に楽しい。

 

それなのに、私は、遠くにいってしまった友人を時々思い出す。彼は最後の日に私にそれまでしなかったような個人的な話をして、去っていった。彼は私が好きだと言ったけど、私は、彼に友人として必要な時には私がいるから、としか言えなかった。

 

私が彼に淡い恋心を抱いていたことを彼はきっと知っている。

彼は遠方に行ってからの方がマメに私に連絡するようになった。何気ないことをメールしてきたり、私の様子を尋ねたり・・・。

そして、酔っ払って私に何度も電話してきた。

 

私の方が何かをしていて彼からの着信に気づかなかったり、寝ていたりしてるときは、自分からかけなおすことはしないけど、ちょうど気づいてしまった時は、どうしても電話に出ないという決断ができない。

 

電話の内容は、さまざまだけど、酔っ払っているときの彼は私にかなり甘えている気がする。

 

 

話すだけで自分の心を軽くしてくれる人は私しかいないとか、

私の存在があるから、新天地でも頑張れているとか、

自分が意気地なしでもっと早く私に告白していたら何か変わっていたの・・・?とか

 

私は返答に困る。そう思ってくれて嬉しいとか、何かが変わっていたかどうかはわからない、などと曖昧な言葉しか彼に言ってあげられない。

 

そして彼は、言う

「やっぱり好きなんだよ・・・とても・・・。毎日君の声を聞いて、君の顔を見たいって思ってしまう・・・」

 

私は沈黙になるのが、嫌で、無理にでも明るい笑い声を立てる。

アハハ、何言ってるの、酔っ払ってそんなこというなんてホントに軽いなぁ、もう明日も仕事なんだから早く寝なよ!

 

そうして、彼をなだめて電話を切る。

 

電話を切ったあとのこの胸の苦しさは何なのか、毎日、彼からのメールが来ると少しだけ心が躍るのはなぜなのか、彼はずるい。彼に対する恋心を消そうとしている私にこのやり方はずるい。

 

彼なんてわがままで、自分勝手で、甘ったれで、思慮深くないし、本気なんだかウソなんだかわからないことを言うし、嫌いだ。

 

恋心なんて、意味が分からない。

私は科学者だけど、全然わからない。

 

いつかこんなずるい彼に負けて、「私も好きだよ」といってしまいそうな自分が怖い。

彼に会いたいと言われると「私だって会いたい」と言ってしまいそうな自分が嫌い。

未来なんてどう考えてもないのに、彼に何もかも奪われたいと思ってしまう自分が恐ろしい。

 

これはきっと恋心のなせるワザだ。

 

私の、神様、私の脳細胞、脳内物質、誰でもいいので、この恋心を忘れさせてください。 

成長する娘

私は中3になる娘と毎日のようにラインや電話で話している。

今日の昼休みも娘からラインが来た。

 

今日は春休みだけれども、とても忙しいとのこと。

 

午後から、皮膚科(水いぼ)→眼科(メガネの調整)→ピアノのレッスン→塾(夜22時まで)

 

ちなみに彼女は病院は小学校3年生からすべて自分一人で通院している。先月、インフルエンザにかかったときも、高熱の中一人で歩いて近所の内科に行ったそうだ・・・。

 

今日の昼休み、病院の待ち時間にラインで連絡を入れてくれた娘は、最初にペディキュアの綺麗な塗り方を私に聞いてきたり、色の組み合わせ、自分に似合う色なにかななどと私と話していた。

 

眼科の話になり、今日はメガネの度数の調節をするとするといった娘は、早く大人になったら母みたいにレーシック手術を受けたいんだ、と言った。

 

私は中学生くらいから近眼になってしまったけれども20代後半でレーシック手術を受け、それ以来は裸眼の視力は1.2-1.5だ。手術以来、コンタクトやメガネから解放されてとても快適な生活を送れている。

 

それを知っている娘は、私は大学生になったら、塾の講師のバイトをしてレーシック手術費用と溜めるの!と言った。

 

私は、手術のお金は私が出すわよ、と言ったけど、娘は、

 

「いいの。自分の体のことだから、自分で働いたお金で目を手術したいの」

 

と言った。娘はとても責任感が強く、私と違って甘えん坊ではなく、とても忍耐強い。

彼女のこの言葉には、彼女の性格がとてもよく表れている。

 

母としては、娘が近眼なのは私からの遺伝であることを知っているし、私に手術費用を負担させてと娘に言い、少し押し問答になった。

 

最終的に娘は、

 

「わかった。じゃあ半額だけ援助してもらうね。私の目が悪いのは半分は母から、もう半分は私だけのもの。母もそれなら気が済むかな」

 

と言われた。

 

赤ちゃんで泣くことしかできなった娘はいつのまにこんなに成長したのか。

思いやり深く、よく物事を考え、一人の力でたくましく生きていこうとする生命力を感じる。

彼女は私とは全く性格が違う。彼女は全く別の人間で、これからも自分だけの価値観をどんどん形成していくのだろう。

 

たった数分の昼休みの娘との会話で、娘の人間としての成長ぶりにちょっとだけ感動してしまった。